MyEtherWalletの登録から使い方まで

MyEtherWalletはイーサリアムを
保管できるウォレットとして代表的なものです。

最近のICOではイーサリアムを資金調達する際に
「ERC20」というトークンが利用される事があります。

ERC20って?と思うかもしれません。

今回はMyEtherWalletの説明ですので
ERC20については省きますが、
ERC20という規格があると思っていただければいいです。

そしてこのMyEtherWalletは
ERC20に対応しているので、
ICOでERC20の指定があれば
MyEtherWalletを開設しておけば特に問題はありません。

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)の登録方法

登録の前に公式サイトへアクセスしましょう。
MyEtherWallet公式サイトはこちら

こちらが公式サイトになりますが、
初めてアクセスする場合は言語設定が
英語になっている可能性があるので、
上図の上の赤枠部を日本語に設定しましょう。

そして画像中央にあるpass入力をして、
『お財布の作成』をクリックします。

Keystoreファイル/秘密鍵の保存

そうすると上画像のページに飛ぶので、
Keystoreファイルを保存します。

これはとても重要なファイルになるのでダウンロード後は、
無くさないように保管してください。

そしてダウンロードが終了したら、
『理解できました。続けます。』をクリックします。

そうすると下画像に飛びます。

画像の黒塗りの部分に秘密鍵が記載されています。
とても重要な内容ですので印刷をして金庫に保管するなど、
絶対に忘れないようにすることと、
他人には絶対に知られないようにしてください。

秘密鍵を控えたら
『アドレスを保存してください』をクリックします。

先ほど入手したファイルか秘密鍵でお財布情報の確認ができます。

秘密鍵を選択すると、秘密鍵の入力画面が表示されるので、秘密鍵を入力し
『アンロック』をクリックします。

MyEtherWalletのアドレス

ICO参加で、トークン配布先の
アドレスを入力することがありますが、
その際には上図の赤枠部のアドレスを入力します。

MyEtherWalletの送金方法

①画面上部の【Ether/トークンの送出】をクリック。

②先ほど入手したファイルか秘密鍵でログインします。

ログインできると下記の画面になる。

①送金先のアドレスを入力

②送金する通貨を選択

③送金する数量を入力

④トランザクションの生成をクリック

⑤『トランザクションの送出』が表示されるのでクリック

⑥『はい、確かです。処理を実行します』をクリック

以上で送金完了です。

ガスリミットは送金手数料と考えましょう。

ICO参加の際にはガスリミットが
指定されている事があるので、
指定があれば従って設定をしてください。

通常は表示されているガスリミットで問題ありません。

新しいトークン(ICO)を表示させる方法

ERC20トークンのICOに参加した後の配布先として
MyEtherWalletを指定する案件もあります。

MyEtherWalletに送金して貰ったとしても、
それが実際に入っているかを確認するには、
表示されるようにしなければなりません。

手順は簡単ですので、設定をしていきましょう。

①カスタムトークンを追加をクリック

②トークン情報を記入する

①トークン契約アドレス
②トークンシンボル
③ケタ数

例)Patronのトークン追加を例にすると。

Contract Address :
0xF3b3Cad094B89392fcE5faFD40bC03b80F2Bc624
Symbol : PAT
Decimals: 18

Patronから届いた情報は↑の内容になるので、

①トークン契約アドレス
0xF3b3Cad094B89392fcE5faFD40bC03b80F2Bc624

②トークンシンボル
PAT

③ケタ数
18

と記入して保存をすれば完了です。

コメントは受け付けていません。